クラビットのジェネリック利用は自己責任? > クラビットは細菌での感染症の治療に使われる抗生物質
-

クラビットは細菌での感染症の治療に使われる抗生物質

クラビットは、細菌が原因の感染症に対して、細菌を殺菌して治療する薬です。
ニューキノロンと呼ばれる抗生物質で、それまで使用されていた抗菌薬に比べて殺菌力が強いのが特徴です。
また、グラム陽性菌や陰性菌、クラミジア、マイコプラズマ、レジオネラなど、幅広い細菌に対して高い殺菌効果があります。
特にクラミジアは非常に感染者数の多い性病の1つです。

クラミジアは主に性器周辺に症状が現れる病気ですが、無症状のままクラミジアの原因菌を保有している人もいます。
無症状のまま放置してしまうと女性であれば不妊に繋がることもありえます。
現在クラミジア検査は自宅でも可能ですので疑いがあれば検査をして、陽性であればクラビットをすぐに使いましょう。

クラビットがその他によく使われるのは、外耳炎、中耳炎、副鼻腔炎、咽頭炎、喉頭炎、扁桃炎などの耳鼻科、急性気管支炎、肺炎などの循環器科、膀胱炎や尿道炎などの尿路感染症、皮膚感染症、リンパ管やリンパ節の炎症その他多岐にわたっています。
ペニシリン系などの一般的な抗生物質が効きにくい肺炎クラミジアや、肺炎球菌などにも効果があります。
国内で最も使用されている抗菌薬のひとつとして、さまざまな病気に治療に使われている薬です。

クラビットのおもな副作用として、発疹、じんましん、下痢、軟便、吐き気、めまい、頭痛、眠気などがあります。
長期にわたって使用すると、日光に当たったところが赤くなったり水ぶくれができたりする日光過敏症を起こすこともあります。
できるだけ直射日光に当たらないようにして、外出時は長袖や日傘などで予防すると良いでしょう。

クラビットは比較的副作用は少ないほうですが、人によっては、けいれん、不整脈、皮膚や粘膜の障害、血圧低下などの重い副作用が現れることもあります。
このような症状が現れたら、必ずすみやかに医師の診断を受けてください。

また、60歳以上の高齢者、ステロイド薬との併用時、臓器移植を受けた方はアキレス腱障害の副作用が出やすいと言われていますので、医師の指示を守りましょう。